お店じゃないよw


by dorstenia

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
説明的なもの?
管理的な事?
増殖的な事?
品種紹介・・・多肉質
品種紹介・・・コーデックス系
品種紹介・・・南米種
【別館】Sinningia
未分類

最新の記事

用土実験・・・再び?
at 2017-04-10 16:00
地植えの収穫
at 2016-12-10 16:30
Sinningiaの種子の収..
at 2016-09-08 16:00
Sinningia バナナズ..
at 2016-08-29 17:31
Sinningia ラブリー♪
at 2016-07-26 16:00
地植え
at 2016-06-20 16:44
接木をついに???
at 2016-06-13 13:00
挿木???(芋編)の続編
at 2015-09-13 10:00
挿し木???(芋編)
at 2015-09-01 18:00
Sinningia leuc..
at 2015-06-13 00:34
葉挿し(芋編)
at 2014-12-04 00:00
Sinningiaの受粉媒介
at 2014-10-14 00:00
Sinningia原種系sp..
at 2014-10-10 00:00
Sinningia原種系のナ..
at 2014-10-08 00:00
【別館】Sinningia
at 2014-10-06 00:00
新梢発生効果?
at 2014-06-15 23:59
剪定?
at 2013-11-10 20:20
葉挿し途中経過
at 2013-10-22 00:00
接木について???
at 2013-09-11 00:00
続、葉挿し!!?
at 2013-09-01 18:30

以前の記事

2017年 04月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 06月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 01月
2011年 01月

contact us

コメント返信苦手なので
こちらのメール宛に頂けましたら
dorsteniaexcite.co.jp
に変換お願いします

検索

用土実験・・・再び?

おはよ~やっと春だよ~
冬の間じっと寒さを耐え忍んでいた草木が一斉に芽吹き俄かに色付き始め・・・
という事でなかなか更新に至らず大変ご無沙汰をしておりますが

先ずはこちらの動画を

別に観なくてもいいけど
今日はこの動画の内容をほぼパクr参考にしてみようかと思う次第(他力本願
日本語理解能力さえちょっと怪しいのに異国の言葉など全く知る由もないので
実際にはナニを言っているのか解らないので見た感じの雰囲気だけだけどね
動画のUP主様はアデニウムが専門で色々と参考になる動画が多数UPされているので
お暇なら他の動画も観てみると楽しいかも?
盆栽的に作り込む根の切り方とか、まあ実際に自分でやれと言われたらちょっと躊躇ってしまうような大胆な事とかしちゃってるのでドキドキ(*´Д`)ハァハァしながら観ると良いよw
さてさて話は戻るけど
e0218567_11161918.jpg
実生もののフォエチダともsp.とも判らぬ肉ドルスをテキトーに用意して
動画内では大胆に葉っぱとかザクザク切り落としてたけど
そんな事する勇気はないので上も下も弄らずにそのままだけどね。。。
そして次に用意したのはこちら
e0218567_11162079.jpg
腐葉土3:パーライト1:川砂的なナニか?1 のような配合で
CAPTACIDE50とかいうのは多分タイからお取り寄せしないと手に入らないのでオーソサイド80で代用してみるなど(サイドってところが同じだし50より80の方が数字も大きいから大は小を兼ねるで多分大丈夫だろうという全く根拠のない自信により
あとVitaminB-1とか書かれたボトルがあったけどそんなVitaminのみの園芸肥料的なものはそうそう売ってないのでこれまたビタミンB群が摂れるサプリメント的なもので代用してみたり(お肌の荒れが気になる時用に常備していr・・・
そして
e0218567_11162009.jpg
用土をトレーにぶちまけて
e0218567_11162112.jpg
混ぜます!混ぜます!!混ぜます!!!
すっごくフワフワしてるけど細かいザラザラが混じって
今まで使った事が無いような新触感なブレンドに一抹の不安を覚えながらも
e0218567_11162299.jpg
植えてみた!
e0218567_11162230.jpg
なんか最後に鉢底用に用意してた軽石を上に敷いてる映像があったのでとりあえず真似してみたけど、これはあれかしら?軽すぎる用土が風とか水遣りとかで飛ばされたり流されたりしないようにする為だったりするのかしら??
よもやまさかただのオサレ目的な化粧砂代わりなんて事じゃないよね???

まあそんな些細な疑問は詮無き事で
最も危惧するべきはほぼ腐葉土主体という用土で酸性なんじゃないの?とか
いくら腐葉土とはいえ他に元肥的なものも混ぜないで良いのかしら?とか
そっち方面の心配なんだけども・・・
UP主様はアデニウム屋さんだから、アデニウムには酸性土の方が良かったりとか
ビタミンB1やると効果的だとかって噂は聞いた事あるから
そんなアデニウム的な方法と同じような感じでいってしまえって感じなのかしらとか?
そもそもタイの気候がアデニウムとかドルスにとっては通年天国のような感じだから用土なんてそんな気にしないでも通年勝手にワサワサと成長しちゃうぜ!
なんて事を言い出したら身も蓋もないのでほんのちょっぴり思ってても敢えて言ったりはしないけど(爆
目的はあくまで実験なので
e0218567_11162329.jpg
謎の腐葉土MIX(無肥料
謎の腐葉土MIX(マグアンプとかリンカリとか少々
通常の多肉とかに使う赤玉の軽石割りゴールデンを添えて(マグアンry
超絶ハードな軽石主体でシーライムとか石灰質的な用土(カリを少々
と言った感じで植え付けてみたけど

今現在4月の中旬なので寒の戻り的な寒さの脅威の恐れがあってうちではまだ水遣り厳禁!なので折角用意したオーソサイドもビタミンB群も使う事無く植え替えた鉢は室内にてそのまま保管されているだけで実験スタートすらしていないという為体
そんな半端な状態でこんな記事を書いてしまった事は誠にもって如何ともし難く遺憾の意を表しなくてはならないので多分また続報を追々と書くやもしれない?




[PR]
# by dorstenia | 2017-04-10 16:00 | 管理的な事?

地植えの収穫

モバイルアプリから投稿してみるテストなので時候の挨拶とか入力面倒なので省略の方向で


的な事を

この辺りで記事にした事は記憶の彼方に忘却されてたのは言うまでも無く…
まあ今更ながらに過去記事を漁ってたら気が付いたので続編を書くべく
e0218567_16365124.jpg

雑草だの落ち葉だのに埋もれてよくわからない事になってるけど緑の部分は大体ドルス
葉先とかが枯れたり溶けたりし出してたから掘り上げてみた!
e0218567_16365205.jpg
丁寧に掘ったつもりだったけど四方に茎を伸ばして根を張ってて一部折れちゃったけど
e0218567_16365390.jpg
根についた泥を洗ってみたらこんな感じになってた
e0218567_16365471.jpg
一番先端の茎の根付いてる部分
少し膨らんでる\(^o^)/
e0218567_16365547.jpg
真ん中ら辺の茎の根付いてる部分はまあ根張りが旺盛で掘っても掘っても引っこ抜けない粘り強さが(ねばりだけに…などと供述しておr
さあ気を取り直して
e0218567_16365604.jpg
e0218567_16365701.jpg
一番末端の最初の切り口は新生姜みたいな事になってるよ?これでペンライトとか作ったらいいのかな???

まあ引っこ抜いたからにはどうにかしないといけない訳で
e0218567_16365830.jpg
室内園芸の強い味方バーミキュライト♪
が切れてたから慌てて買ってきた
e0218567_16365948.jpg
そしてなかなか収容出来るサイズの鉢が無くて無理くり縦に立体に収めるべく5号蘭鉢に植えてみたらなかなかコンパクトに収まっ…てない( ;´Д`)

そんなこんなで約半年でこれだけ成長するので大地のパワーは偉大だと思いました\(^o^)/
こりゃ現地じゃ間違いなく雑草だわねw



[PR]
# by dorstenia | 2016-12-10 16:30 | 管理的な事?

Sinningiaの種子の収穫について

今回のお題には全くもって正解など存在しないし
それこそ各々が自由にし易いようにしたらいいんじゃないかしら?
てかそれ以前にする必要性もないって人も多数派かもしれないし?

などと3行で終わってしまってはブログのネタとしてはあんまりにもあんまりなので
ここはひとつ自分的に行っている収穫方法などを
ちょっぴりはづかしいけど丸っと晒してみちゃおうかしら(/ω\)
とか思ってみたけど、ネタがタネだけに画像がえらい地味だったりするけども
普段とっても地味なメガネっ子がメガネを外すと実は。。。的な事だってあるやもしれないので
そういう淡い想いを脳内補完しつつ

まずはシンニンギアの実生の利点についてを述べるならば
同種類の苗を大量に育てる事が出来る
(筈だけど、実生小苗は大体溶けたり枯れたりして最終的に残るのは数本だったりするのが世の常
まあそんな栽培の下手さは置いといて
挿し木などだと芋が必ずしも綺麗な円形にならないで歪な形になってしまう事もあったり
栄養繁殖なので親と同じ種類のものしか出来上がらない( )

と、蒔かなければならない理由を無理矢理こじつけつつ
実のところはつい何となく欲望のままにその場の雰囲気と勢いに流されちゃって・・・
ってな感じでなんで実生しちゃうのかをご理解頂けたところで
本題の種子の収穫について(この無駄に長い前置き全く必要なかったね

一応先に補足しておくけど
シンニンギアは種類が沢山あって
種類毎によって種鞘と種子の乾燥度合いとかが違ったりして
種鞘の開くタイミングとかもちょっと違ったりとかする事もあるようなので
今回の説明が必ずしも一致しなかったりとかする事も多々あるので
必要無い部分はこんな感じのものもあるんだ程度で読み飛ばしてね
今回扱うものが一番厄介な感じな奴かもなので工程とかが多かったりするので
(全部が不必要とか言われたら身も蓋もないが

e0218567_14004262.jpg
程よく開きかけ始めた種鞘とまだもうあとちょっとな感じの種鞘の競演

e0218567_14004275.jpg
ざっと見渡して開きかけた種鞘をザックリと収穫
茎の部分を少し残して切り取るのは後々の為

e0218567_14163558.jpg
開き始めたけどまだ種鞘も茎もちょっと生っぽいので
e0218567_14163871.jpg
薬包紙に包んだまま暫く放置乾燥をしておくなど

e0218567_14115752.jpg
こちらはちょっと回収が遅れてカラカラに乾燥しちゃって
中の種子がかなり零れちゃってるのであまり中身の量が期待できないの画

e0218567_14004163.jpg
適度に種鞘が乾燥して茎もちょっと乾燥し始めてるのでこれ位ならばまあ開いても良いかも?
と茎部分も収穫の判断材料に(わざわざ茎を残しておいた理由その1
e0218567_14004135.jpg
なので鞘の先っぽのお髭の部分を毟って
茎の部分を持って(わざわざ茎を残しておいた理由その2
e0218567_14004122.jpg
パカっと開いて中身を全部出しちゃった(*ノωノ)
でもこれ何だかちょっぴりナマっぽいよ?
シンニンギアの種子ってこんなに大きかったっけ??
こんなの収穫しちゃったら何となく危ない雰囲気がしないでも・・・

と心配したくなるような感じだけど
こちらを
e0218567_14004276.jpg
収穫直後→2週間程乾燥→1ヶ月程乾燥

更に個別に
e0218567_14004225.jpg
生木を削ったオガクズみたい・・・

e0218567_14004249.jpg
ちょっぴりそれらしくなってきたかも?

e0218567_14004293.jpg
こんなにドス黒くなっちゃった
吹けば飛ぶような粉粉だけど意外や意外にも収穫から1年以上経ってても
普通に発芽したりとかって可能性はあるから乾燥し過ぎって事も無い筈!?
※種子の特性上フレッシュでも発芽しないものは本当に一切ダメだったりとかするので発芽保証をするものではありません
 と某オークションの注意書きのような文言を書いておけば責任は回避できるはず・・・

殆どの種類は種子が十分に完熟してから種鞘が開くので
収穫即蒔きとか出来てわざわざこんな手間掛ける必要もなかったりするようだけど
この種類においては何故にこんな半ナマどころか全ナマ状態なのに種鞘開いちゃって撒き散らそうとするのか甚だ理解に苦しむけどきっとそんな自然の摂理があるからなんだと?
思いたいけどこれバリバリの交配種で人間の手が加えられているから
自然の摂理を捻じ曲げようとした人類に謀反を起こし迫りくる大自然の脅威
手痛いしっぺ返しのような教訓なのでは??
などという想像を楽しむのも種子を収穫する際の醍醐味だと思うので
みんなも存分に妄想を膨らませると良いよ(*´▽`*)



[PR]
# by dorstenia | 2016-09-08 16:00 | 【別館】Sinningia

Sinningia バナナズ フォスター♪

最近俄かに巷を騒がせているものがあるらしいんだけど(どこの巷で?
その名を『バナナズ フォスター』というらしいょ?
うん、まあよくありがちなキラキr・・・ファンタスティックで
夢とロマンに溢れるお名前なので可愛らしいお花とかにはぴったりだよね♪(棒

そんなバナナズフォスターではあるけれど一応Sinningiaの交配種というか園芸品種的なものなのに一般花卉のような感じの流通をしている事にちょびっと驚き!
まあでもひと昔前はマニヤな人達にしか知られて居なかったAlbuca spiralis
特選個体を組織培養され大量に生産されて'Frizzle sizzle'だの「ナンジャコレ」だのといった園芸品種名で出回ったりして今ではかなり一般的に認知された例もあるから
きっとこれから一大ムーブメントを起こし園芸店などへ行くとかなりよく見かけるようになる存在になってくれるって信じてるから!(楽観的な希望
そんな感じでみんなの人気者になるにはそれなりに素性が明らかな方が清廉潔白で好印象なのではないかと大胆予測してみるのが今回のお題

と言った訳で先ずは全く素性の解らぬものを見た目から判断するに
e0218567_16235127.jpg
って、あれ?これ前回のラブリーの時と全く一緒じゃん・・・
でも前回の予想と正解の誤差に愕然としたので
今回はそれも踏まえて第一印象を予想してみた!
多分この黄花な色合いから察するに♀に agregata yellow が使われているだろうと?
花がちょびっと寸詰まりな感じだから♂に sellovii かしら??
更にお馴染みのシトラスチックな芳香性なので隠し味に tubiflora が混ざってる??? 
これでファイナルアンサー!してみて正解を調べてみたら・・・

Sinningia 'Bananas Foster' はまた例によってプラントデライトのジョンさんのやつっぽいよ
そして交配は('Krezdorn Yellow' x 'Apricot Bouquet')だってさ
って、交配種×交配種とかいきなりそんな事言われても解んないよね
なので先ずはこの'Krezdorn Yellow'を調べてみたら (aggregata x sulcata) だってさ
この aggregata は特に表記も無かったから赤花の奴かしらね???
次に'Apricot Bouquet'を調べてみたら aggregata 'Pendulina' x (warmingii x tubiflora) って
なんか深いよ。。。 そもそも aggregata なのに 'Pendulina' って何?って思って調べたら
(aggregata yellow x sellovii) らしいよ
って事は 'Apricot Bouquet' 自体が交配種×交配種って、複雑過ぎる
文章でごちゃごちゃと書いても判りにくいから纏めると

Sinningia 'Bananas Foster' ('Krezdorn Yellow'(aggregata x sulcata) x 'Apricot Bouquet'(aggregata 'Pendulina'(aggregata yellow x sellovii)x(warmingii x tubiflora)))
って事?
厳密に混ざり方とかの計算とかは知らないからザックリとだけど
agregata 1/4
sulcata 1/4
agregata yellow 1/8
sellovii 1/8
warmingii 1/8
tubiflora 1/8
って感じの配合で宜しいのかしらね?

当初の予想からする3/8は正解って事だけど半分にすら満たないとは!
こんな魔交配とか全部正解するの不可能でしょ・・・
これを当てるような人はマニヤ通り越してアレな人の称号差し上げたい!!!
そしてクロステーブル上でこれを計算して作ったとしたらもう完全に神の領域なんじゃ?
一般人には到底理解の及ばない未知の世界だな~って思いました(まる






[PR]
# by dorstenia | 2016-08-29 17:31 | 【別館】Sinningia

Sinningia ラブリー♪

最近俄かに巷を騒がせているものがあるらしいんだけど(どこの巷で?
その名を『ラブリー』というらしいょ?
うん、まあよくありがちなキラキr・・・ファンタスティックで
夢とロマンに溢れるお名前なので可愛らしいお花とかにはぴったりだよね♪(棒
e0218567_15182855.jpg

そんなラブリーではあるけれど一応Sinningiaの交配種というか園芸品種的なものなのに一般花卉のような感じの流通をしている事にちょびっと驚き!

まあでもひと昔前はマニヤな人達にしか知られて居なかったAlbuca spiralis
特選個体を組織培養され大量に生産されて'Frizzle sizzle'だの「ナンジャコレ」だのといった園芸品種名で出回ったりして今ではかなり一般的に認知された例もあるから
きっとこれから一大ムーブメントを起こし園芸店などへ行くとかなりよく見かけるようになる存在になってくれるって信じてるから!(楽観的な希望
そんな感じでみんなの人気者になるにはそれなりに素性が明らかな方が清廉潔白で好印象なのではないかと大胆予測してみるのが今回のお題

と言った訳で先ずは全く素性の解らぬものを見た目から判断するに
e0218567_15113698.jpg

どう見てもSinningia tubiflora っぽいよね?
因みに右側が純粋なるtubiflora だけど葉の形状もほぼ同形
花の色こそ違えどほぼ同じような長い筒状でほんのり香る芳香性
この辺りから推測するに、やはりtubifloraをベースに作られた何か??
でもこれだけで判断するにはちと材料に乏しいから
ちょっと引っこ抜いて下も調べてみないとって事で
e0218567_15181634.jpg

引っこ抜いてみたらすんごい根鉢が廻ってて全く判別不能なので
e0218567_15181983.jpg

洗い流してみた(良い子のみんなは開花中にこんな事しない方が賢明だと思うよ
e0218567_15182232.jpg

芋の形状や質感もやはりtubifloraに近いから多分きっと間違いなくその血は引いてると思うんだけど、国内で花卉流通しているのならそんなに珍しくもないであろうものがお相手なのでは?
花色だの葉っぱの色の濃さから判断するに cardinalis 辺りなんじゃない??
って思ってみたけど、如何せん解せぬ事が・・・
cardinalisはDIRCAEA CLADEだからクレードが結構違うのでクロステーブル上では交配出来なくはないけど不稔になるんじゃ??という疑問が
花卉流通させる位だから品質を安定させて大量生産となると自家受粉の恐れがというか余程意図して気を付けないとほぼ自家受粉しちゃうし栄養繁殖だとそんなに大量に苗も出来ないから実生に頼らざるを得ないであろうSinningiaから確実な交配種を作るならば出来たF1から更にセルフで実生して増やすのが効率的なんじゃ?って
全くの素人だから生物学的なその辺の難しいお話は全然しらないけど何となくそんな事を薄らぼんやりと思ってみたりしたんだけど
e0218567_15183090.jpg

この辺りにヒントが隠されてた!(と言うか最初から文明の利器で調べていたらならこんな事には・・・
 /『国内ではまだ流通してない』\
そしてサクサクっと調べた結果判明したのは

Sinningia sellovii × tubiflora だった罠
CORYTHOLOMA CLADEのCore Group: First Subgroupというほぼ同種に近い単純交配・・・
そりゃ姿容がほぼtubiflora なのも納得した!
って事は・・・tubifloraとか warmingiiとかselloviiとかのSinningiaの中でもちょっと異端な地下茎で芋が増えていくタイプ同士の交配なんだから
これまた同じように地下茎でボコボコに増えていくんじゃ?って淡い期待をしてみたんだけど
作出者のJon Lindstromさん曰く
Nothing like the stoloniferous nature of Sinningia tubiflora.
ですってよ・・・
この胸に秘めた淡い想いを無情にも踏み躙られて弄ばれた気分。。。

でもそんな不遇な逆境になんて負けたりしない!
だってF1の選抜株から更に実生して作ったらしいから、多分セルフとかで増やせるもんね!?
っと思いつつも花卉流通とかさせてる位だからパテントだとかオトナの事情だとかを考慮して
大々的に増やしちゃったりしたらいけないものだったりしたらなんてチキンハートっぷりを発揮して国内での品種登録だのを調べてみたら、Sinnningiaについては
Sinningia speciosa (G. Lodd.) Hiern』 スペキオーサ(よくグロキシニアの名前で売ってる鉢花のやつ)位しか登録が無かったようなのでちょびっと安心した♪



[PR]
# by dorstenia | 2016-07-26 16:00 | 【別館】Sinningia